就職で資格役に立つ

厳しい経済状況が続くなか、就職活動が思うように進まない人が多いのではないでしょうか。

そんな場合、就職に役だつ資格を取得していることで就職活動を有利に運ぶこともできます。

学生に資格は必要ない、経験を積んでいく課程で必要となる資格を取得していけばよい、という意見もありますが現在の就職状況を考えるとそんな悠長なことは言ってられないという人も多いでしょう。

就職で役に立つ資格には二つのポイントが重要になります。

就職に直接役だつこと、それから学生時代に取得ができること。

受験資格に実務経験が求められないことが前提となるでしょう。

まず簿記。

定番の資格といえます。

受験者が多い人気の資格であるため、勉強しやすいいうのが大きな魅力です。

就職時にも簿記の資格は大きく役だってくれるでしょう。

それから初級システムアドミニストレーター。

これは社内で使用しているコンピューターシステムを活用し、業務に役立てる資格です。

いまやどの業種でもかならずコンピューターを導入している時代、コンピューターで業務をしている人と、一般社員との間で意志の疎通がスムーズに行くために活躍するのがこの資格です。

金融業界で注目を集めているのがファイナンシャルプランナー。

とくに2級以上が人気です。

ビジネスマンのスキルアップとして取得するケースが多い資格ですが、今後需要が高まることが確実なため、就職にも大きく役だってくれそうな資格です。

このように、就職に有利な資格はいくつかありますが、やはり自分が何をやりたいのかがまず第一となるでしょう。

それを決めた上で相応しい資格を選ぶことが就職難を乗り切るポイントとなるのではないでしょうか。