厚化粧にならないために

キレイになりたいけれど、やり過ぎると厚化粧になってしまいます。

それがメイクの難しいところです。

ファンデーションを複数の色で重ねて塗ったりすると、お肌に陰影が出てきて、小顔に見せたり、彫りの深い顔立ちに見せることができます。

アイラインで目元を大きくさせ、目ヂカラをアップさせることができます。

うるうるした唇を作るために、リップの上にはついグロスを重ねてしまいます。

ああするとキレイになれる、こうすると小顔になれるといろんなものをつけていくと、確かに技術的には優れたものにはなりますが、その分ナチュラルさからは離れてしまいます。

最近の化粧品はキープ力が強いので、その分成果も強靭になります。

技術的な顔が、ずっと崩れずキープされます。

そして困ったことに、男性に女性の化粧についてアンケートをとると、だいたいが「ナチュラルメイクが好き」という結果が出ます。

「厚化粧が好き」という結果にはなかなかなりません。

メイク技術はたしかにいろいろありますが、あれもこれもと欲張っていると、厚化粧になってしまうので、どれかひとつ、キメたいところを選んでメイクするようにしましょう。

例えば細い目を大きくしたいのならアイメイク、お肌の明るさが欲しい人はファンデーションといった感じです。

その際、メイクの濃さがわかりにくくなるような工夫も必要です。

例えばアイラインを濃くしたのなら、睫毛をしっかり上げて、ラインの部分を目立ちにくくするといった具合です。