求障権って何?

求障権とは、債務者の債務を弁済した人が、当事者である債務者に対して償還請求をする権利のことです。

つまり「代わりに支払った借金を返してください」と請求する権利ことです。

一般的には連帯保証人がこの権利を有しています。

求障権には消滅時効があります。

権利を有するものが一定の期間その権利を行使しないと権利そのものが消滅してしまうのです。

商行為の保証委託による保証人の求障権は、債務者の弁済などの免責行為を行った時を起算点にして5年です。

商行為以外の場合は10年になります。

求障権が行使される事例としては、個人の住宅ローンなどの契約時の信用保証会社と銀行、借り入れる当事者の関係にみることができます。

個人が住宅ローンの返済ができなくなったとき、貸付を行った銀行などは信用保証会社に代位弁済を請求します。

保証会社は個人債務者に代わってローンを返済することにより、求障権を有するようになります。

求障権の範囲に含まれる担保物件や債権は信用保証会社のものになります。

中小企業が保証協会の保証の付いたビジネスローンの返済ができなくなった場合も、信用保証会社は代位弁済を行って、その企業に対する求障権を持つようになります。

求障権によって信用保証会社が銀行などに代わって債務者にローンの返済などを請求できるようになるのです。

個人が連帯保証人になっている場合は、保証人が弁済を行っても、当事者である債務者に返済能力が残っている場合がほとんどないため、求障権の時効期限内の行使は難しいのが実状です。