JAVAって何?

JAVAとはプログラム言語の一種で、WindowsやMacintoshといった機種に関係なくプログラムを動作できる点に特徴があります。

各機種ごとにソフトウェアを開発するためには多くの手間とコストを要しますから、現在では数多くのプログラムにおいて、JAVAを使った開発が一般的になっています。

JAVAは開発された当初から、高い移植性と互換性を実現することがプログラムの主眼とされており、結果、非常に使い勝手の良いプログラムとして高い評価を得ています。

しかしながらいくつか課題も残っており、JAVAのバージョン間における下位互換性・上位互換性が完全ではない点や、JAVAが高い移植性を保っている故に、一部のプラットフォームにしかない独自の機能がJAVAからは使えない点などが問題視されています。

また、かつては実行が遅く、メモリの消費が激しいとして批判されることも多かったようですが、近年のバージョンでは改善がなされています。

一方で、JAVAのシンプルな構造は、ソフトウェアに関する開発・管理作業を容易にしたとして高い評価を得ています。

それほどプログラムの知識に熟達していなくても開発に携わることが可能であるため、現在では、JAVAアプリケーションを開発するための開発ツール(開発用ソフトウェア)が広く流通し、利用されています。

企業にとどまらず、一般のユーザーがJAVAによってアプリケーションを作成し公開する、ということも盛んに行なわれています。