外国株式購入方法

外国株式購入方法についてですが、日本の株式と外国株式は何が違っているのでしょうか。

まず、外国株式は海外の企業が発行している株式のことです。

海外にはグローバル会社や優良企業、これから成長する可能性が高い会社が多く、日本の会社以上に高配当が予想できるような会社がたくさんありますから、株価がこれから上がるのではないかといわれている会社はたくさんあるのです。

そんな会社に直接投資をしたいと思っている人にお勧めなのが、この外国株式です。

外国株式購入方法ですが、色々な方法があります。

1つめの方法としては、投資家から注文を受けて、国内の証券会社が海外の証券会社に送って、現地のマーケットで直接取引をするという方法です。

そして次に国内店頭取引があります。

これは海外の取引所に上場している株式にたいして、投資家と国内の証券会社の間で直接取引をしていくという方法です。

この場合には株価は円になりますから、日本の株式と同じで、取り引きしやすいうえに、売買手数料で取引可能です。

そして三つ目の方法としては、国内の金融商品を取り扱っている取引所の中には、海外の一流企業が上場している場合もありますが株価が円で表示されているので、日本と同じで国内委託取引をして売買手数料で取引をするという方法があります。

これからまだまだ急成長するであろう海外の株は多数ありますから、自分で外国株購入方法を選び、挑戦してみると儲けにつながるかもしれません。